wordpress_plugin_memo_20160614

お疲れ様です。

今日はとあるネタ系サイトのWordPressで使用しているプラグインをメモしてみました。

ちなみにテンプレートはマテリアルですが、Simplicityで使用していたプラグインをごっそり真似して入れた形跡もありますので、必要ないものもあるかも…。

今ザアーッと見ておすすめなものはおすすめマークを付けてみました。

今度なにか新しく作る際にはこの記事を自分でも確認したいと思っております~。

いやあ、しかしほんと便利ですねワードプレス。



スポンサードリンク


これが今(2016/06/14現在)入れているワードプレスプラグインだ!

では早速ご紹介していきましょう!


Akismet

用途:スパムよけです。
設定がちょいと手間ですが、とりあえず入れてます。


AMP

用途:AMP(Accelerated Mobile Pages)ページを生成します。
試しに使ってますレベル。


WP Multibyte Patch

用途:日本語入力不具合対応、検索ボックスのAND検索の全角スペース入力有効化にも。
最初から入ってます。


TinyMCE Advanced

用途:ビジュアルエディタを強化。
必ず入れているので、使用前のエディタがどんなか知りません…。
よく考えたらあまりワードプレスの管理画面エディタで入力しないですね…。


AddQuicktag

用途:エディタ強化。
例えば自分の好みのスタイルをボタン登録したりできます。


Table of Contents Plusオススメ

用途:記事の見出しを自動で目次表示するプラグインです。
自動的にページ内リンクの目次を作れるので重宝しています。


Contact Form 7

用途:フォーム設置。
ワードプレスを利用する理由として、こういったプログラマーでないと設置が大変なサービスを簡単に素早く実装できる、ということがありますね。


EWWW Image Optimizer

用途:画像データ圧縮。
過去にアップした画像も圧縮できる模様。


Google XML Sitemapsオススメ

用途:サイトマップxml管理用です。
サイトマップxmlファイルを自動で生成してくれます。
サーチコンソールから通知するのにサイトマップxmlファイルは必ず使っております。


Search Meter

用途:サイト内検索の解析ができます。
サイト内でどのようなキーワードで検索されているのか?検索はどれくらいされているのか?などが見れます。
自分はあまり活用してませんね…。


Jetpack by WordPress.com

用途:投稿記事の自動ツイートなど(SNS連携)のために使用。
これは多くの方が入れているであろう、様々な機能を備えたプラグインですね。
TwitterやFacebookなどに、記事投稿時に自動投稿連携をするために利用してます。


WordPress Popular Posts

用途:人気記事を表示できます。
ワードプレステーマSimplicityでは「新着・人気記事」ウィジェット?を使うために入れてました。
サムネ画像が出せてテーマによっては重宝しますね。


Unveil Lazy Load

用途:画像の読み込みを遅延ローディングさせることで、ページ全体の読み込みを早くします。
体感ではページのレンダリング良くなったように感じました(画像読み込みでつっかえたようにならないためでしょうか?)。


WP-Optimize

用途:データベースを綺麗にして高速化に役立ちます。
何やらデータベースには何もせず使い続けると余分なデータがたまるそうです…。


PubSubHubbub

用途:サイトマップとは違う方式で、検索エンジンなどにサイト更新を通知するものだそうです。
自分が確認した段階では、古いプラグインで更新が無かったですね。
読み方は「パブサブハバブ」だとか。


Shortcoderオススメ

用途:ショートコードを管理できます。広告の出力や内部リンクに便利です。


PHP Code Widget

用途:ウィジェットでPHPコードを使えるようにするプラグインです。
何かで必要で入れたのですが、その後特に利用してません…。


SNS Count Cache

用途:SNSボタンにシェア数を表示します。
たしかツイッターの仕様が変わって、シェア数が表示できなくなった際に使った記憶があります。


WP Favorite Posts

用途:サイトにお気に入り機能を実装できます。
データベースなども連携できるようです。
自分はクッキーでお気に入りが保存できるページを作ってみました。
アイディア次第でいろいろできそうですね。


Pixabay Imagesオススメ

用途:無料素材サービスPixabayの素材を投稿画面から選択できます。
これは超おすすめです。


oEmbed Tweetオススメ

用途:ツイートのURLを書くだけで、ツイート埋め込みの状態で表示できます。
超おすすめですよ!

試してませんが、URLだけで埋め込みに変換しているので、もしかしたら、超大量にツイートを埋め込むような記事を書くと、表示まで時間がかかるかもしれません。


External Linksオススメ

用途:外部リンクに自動的にアイコンを付けたり、別タブで開くように設定したりできます。
最近追加しました。便利~。


Posts Character Count Adminオススメ

用途:投稿した記事の文字数を確認できます。
便利です。
固定ページの文字数も確認できます。
管理画面で各記事の文字数が一覧できるので、ブログの各記事のリライトを検討する際に目安になって便利です。


ワードプレスプラグイン導入注意 - 個人メモ編

最後に、導入の際の個人的注意メモです。

まず、プラグインの名前を確認すること。
意外と似ている別のプラグインをインストールして、「なんやこれ…解説されているサイトと全然設定が違うやんけ…」と、なったりしている場合があります。

もし、プラグインの設定が分からない…という場合は、本当にインストールしたプラグインが正しいものなのか?
確認してみても良いでしょう。

次に、プラグインを導入したらしっかりと各所ページを確認すること。
これは、プラグイン同士が影響しあったり、テンプレートとの相性などによって、表示がおかしくなっていないか?
というところの確認ですね。

該当のページ以外もチェックしてみるとよいでしょう。
またレスポンシブ対応のテンプレートはレスポンシブ表示でも確認してみましょう。

大変かもしれませんが、表示に影響がありそうなプラグインだけでも確認しておくと、とんでもない問題を回避できるかもしれませんよ。

また、テーマに機能が備わっているので、ここでは紹介してないプラグインもあります。
SEOのための各種設定ができるプラグイン(All in One SEO Pack)などもテーマによっては必要だと考えます。

ただ、表示系のプラグインが多くなるとそれだけ読み込むものも増えるので、できればテンプレートに備わっているとありがたいですね!(プラグインを追加する手間も無いし…)

場面で使い分けていきましょう~!
ではでは~♪


スポンサードリンク

この記事が役立ちましたら「いいね!」などクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ とれまが人気ブログランキング アフィリエイト
最新記事 - トップinfoに戻る 記事一覧 - サイトマップ 海外旅行情報ブログやってます - トラベルナビリンク