wordpress_minibird_one_database

レンタルサーバのminibird(ミニバード)ですが、契約内容を確認したところ、作成できるデータベースの数が限られてました(5つ)。

minibirdの管理機能「ワードプレスのクイックインストール」では、データベース一つにつきワードプレスを一つインストールします。

あれ?
それじゃあせっかくサブドメインをたくさん設定できても、5つしかサイト作れないの?

と、調べたらひとつのデータベースに複数のワードプレスをインストールする方法がありました。



スポンサードリンク


インストールやり方の流れメモ - ミニバード

以下、自分用にメモ。


  1. ミニバードでサブドメインを設定(この時点で設定したサブドメインのフォルダがドメインの下層にできる)
  2. 設定したドメインの下層にあるサブドメインの中にワードプレス一式をアップロード(FTPアップロードします。FFFTPなどのソフトや、サーバの管理機能でアップロードしましょう。)
  3. サーバ設定完了メールにFTPソフトのデータがある(「ホスト」、「ユーザー」、「パスワード」)
  4. wp-config.phpを修正
    ↓ここにパスワード以外すべてある。パスワードはデータベース作成時にメモ
    https://secure.netowl.jp/minibird/panel/?action_user_mysql_index=true
    (ページ上では、「データベース名(MySQL一覧の直下の表)」「MySQLユーザ名(MySQL一覧の二番目の表)」「MySQLホスト名(最下部のMySQL情報にあります)」)
  5. サブドメイン/wp-admin/install.phpにアクセスしてインストール完了
    インストール時に入力した内容をメモしておきましょう

一つのデータベースにいくつまでワードプレスをインストールしていいの?

このへんよくわかってないのですが、推奨でない使用方法だとは認識しています。



上記の記事では、一つのデータベースに3つほどとも書かれています。
サーバや契約しているコースでも違ってくると思いますので、あくまで自己責任で…。


簡単にワードプレスインストール、サブドメイン設定も楽々なミニバード

この記事をご覧の方は、すでにミニバードを使っている方だろうと思いますが、一応おすすめしておきます。

ずばり初心者がワードプレスを覚えるのにグッドなレンタルサーバーだと思います。
データベースとか難しくてよくわかりませんが、検索すると情報がいっぱい出てくるので助かってます。

安さはロリポップ並ですが、上記のようにデータベースが5つ利用できるのでサイトを複数試したい方はおすすめですよ!初心者の自分でも使いやすかったので、ここでワードプレスに慣れて、さらに高機能なサーバーにステップアップという感じも良いと思います。
↓↓↓
月額250円(税抜)からのレンタルサーバー、ミニバード


最近こんなサイトつくってます

こちらもワードプレスを使ったサイトで、デザインは同僚に自由にまかせています。
自分は各記事の表示スタイルをこれから調整していきたいなと思ってます。
コンテンツを第一に考えるといろいろと変えたいところがありますので…。
よろしければ見てやってください。


スポンサードリンク

この記事が役立ちましたら「いいね!」などクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ とれまが人気ブログランキング アフィリエイト
最新記事 - トップinfoに戻る 記事一覧 - サイトマップ 海外旅行情報ブログやってます - トラベルナビリンク