codeprep_easy

みなさんお疲れ様です!

この間、CSSとjQueryでゲームってできるのかな~。

そんな風に思って「css jQuery ゲーム」なんかのキーワードでネットを検索していたら、こんなWebサービスがありました。

CODEPREP - CSS3+jQueryでつくる2Dゲームモーション



何気にやってみてびっくり。
これはものすごくわかりやすい!

しかも無料です。


スポンサードリンク


CODEPREPで基礎から応用まで、自分のペースで、具体的なスキルを身に着けながら、きめ細かく学習

いやあ。
良い世の中になりましたね。

さて、CODEPREPってどんなサービスなんでしょうか?


CODEPREPは、アプリ開発で学ぶプログラミング学習サービスです。
これまで、プログラミングを学ぶだけなら、本を買ったり、web上のリファレンスを見たりすれば、学ぶことができました。しかし、プログラミング学習において最も重要なのは、「継続すること」と「成功体験」だと私たちは考えています。
CODEPREPでは、そんな小さな成功体験を積むことと毎日こつこつコードを書くことの2つを習慣にすることを目的としたサービスです。
CODEPREPについて

ということで、CODEPREPは実際にソースコードを穴埋め的に入力していきながら、具体的な何かを作りあげるスキルを身に着けられるサービスなんです。

最終的には初心者がアプリを開発できるようになることがゴールとのこと。
自分も作れるようになるかな~。


サービスを利用してみました

まずアカウントを作成する必要があります。

名前、メールアドレス、パスワードを登録するか、Facebookアカウントでもログインできるようです。
アカウント作成 - CODEPREP

メニューの「言語を選ぶ」をクリックすると、たくさんのカード状のトレーニングが出てきます。

ちょうど「身に着けたいスキルを学べる講座」のような感じですね。

codeprep_caps01


まったく初めての人から、ステップアップしたい人まで幅広く応えるサービスだと思います。

自分はCSS3+jQueryでつくる2Dゲームモーションをやってみました。

codeprep_caps02


こんな感じで、左にヒントも出てきますので、入力に迷うこともなく、しっかりと学習ができます。
まさにインタラクティブなサービスですね。

基礎的な講座もありますが、ある程度は本やサイトなどで学習する言語についておさらいしておくとよりスムーズに勉強できるのではないでしょうか?

本を読んで、実際に試すまでの中間ステージで、ぐっとハードルを下げてくれる素晴らしいサービスでした。

ぜひお試しください~。

Webデザインのおすすめ書籍 - amazon

リファレンスを使う前に読んでほしいWebデザインの心得

新品価格
¥2,160から
(2016/2/3 20:39時点)


Webデザインのおすすめ書籍 - 楽天

jQueryプラグインブック [ ネクスト(1997) ]

価格:2,052円
(2016/2/2 12:39時点)

ちなみに、AndroidやiPhoneのアプリは作れそうですか?

「言語を学ぶ」で一覧を見る限り、アプリ制作のためのネイティブ言語の習得トレーニングは無いようですね。

サイト内のディスカッション(掲示板)でもこんな質問がたくさん上がっていましたよ。
アプリ - ディスカッション

しかし、Web上で公開するサービスもWebアプリと言ったりしますし、PHPRubyの入門講座やAngularJSの実践入門なんかもあるので、これらを一つづやっていけば、かなり実力がアップすることは間違いありません。

また、HTML5+CSS3+javascriptの組み合わせでPhonGapMonacaなどのサービスを使えば、スマホ向けのアプリもリリースできる…という方法は確かにありますし。

ちなみにアプリを作るのボタンが押せないのは、まだ機能リリースをしてないから、だそうです。


ところで、それらを勉強して何をしたいのか考えたことありますか?

「就職のため」「作りたいサービスがあるから」「あのゲームみたいなアプリをリリースしたい!」
いろいろな動機があるかと存じます。
やる気があって目標を計画に沿って達成できる人はそのまま初志貫徹できると思います。

しかし中には、私のように、漠然とした動機のまま突き進むと途中で飽きてしまったり、やる気や目標を見失ってしまうタイプの方もいらっしゃるかもしれません。

Webの業界はすさまじく状況が変化する速度が早く、中に入ってみないと何を追いかけて良いのかわからなくなるかもしれませんね。

ではどうしたら良いかと言えば、最新のネットビジネス動向を追うまたは実際に働いてみるなどの業界に親しむことがいいのではないでしょうか?
前者はユーザ的な視点で、技術ブログのRSSを購読したり、いろいろなWebサービスを実際に試してみたり、無料のWeb関連イベントに参加したり、などの方法があります。
後者は実際にお金を稼ぐまでを体験することで、体で納得できるのでネットビジネスの空気が感じられて良いでしょう。

個人的に感じていることとしては、今後のネットビジネスの業界では「Webデザイナー」や「Webサイト制作会社」というような、単純なサイト制作だけでお金を得られるビジネスは、ほぼ無くなると思っています。
大きい仕事としてのサイト制作は残るかもしれませんし、プロモーションのための専用サイトの需要もあるでしょうが、それらも過当競争が激しくなると予想します。

ネット上ではすべてのものがフリーになる傾向があって、素材もコードもどんどんフリーで利用されていってしまうことが大きな流れです。
CODEPREPで専門学校の知識や学習書籍の内容がフリーで享受できるのもその流れのひとつでしょう。

ネットビジネスは、未来にはとてもわくわくするような仕事に変貌を遂げていると思います。
なぜなら、今ちょうど現実世界にネットの世界が浸食しだしていると感じるからです。
その辺の話はまた今度記事にできたらいいな~。

ではでは~。


スポンサードリンク

この記事が役立ちましたら「いいね!」などクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ とれまが人気ブログランキング アフィリエイト
最新記事 - トップinfoに戻る 記事一覧 - サイトマップ 海外旅行情報ブログやってます - トラベルナビリンク